• 25GインターフェースでのFECのモードの設定

 
 
Print Friendly, PDF & Email

IEEE 802.1by 25Gイーサネットではエラーを訂正しデータの整合性を確保するためにForward Error Correction(FEC)が規定されています。エラーの検知と回復度合いにより3つのFECがあり同じFECが両端のスイッチまたは機器でサポートされてなければいけません。10Gイーサネットとは異なり25G NICなどと相互接続をする際にFECの設定を調整する必要が出てきます。この記事ではアリスタスイッチでの25GインターフェースでのFECの設定と留意事項を説明します。

25GでのFEC

IEEE 802.1by 25GでFECは以下の3つが規定されています。

  • Clause 91 Reed-Solomon FEC(RS-FEC)
  • Clause 74 BASE-R FEC(FC-FEC)
  • None FEC

25GのケーブルとFECのモード

ケーブルのタイプはSFF-8024に従い損失(長さと品質)により次の3つのタイプがあります。

  • CA-S   CableAssembly-Short ( None)
  • CA-N   CableAssembly-Normal (FC-FEC)
  • CA-L   CableAssembly-Long   (RS-FEC)

25GでのFECについての詳細は25GイーサネットのForward Error Correction(FEC)についてをご参考ください。

 

25Gのインターフェースでのデフォルトの動作

25Gのインターフェースでのデフォルトではケーブルが接続されるとケーブルのIDPromを読み込みタイプを確認しそのタイプのFECモードで動作します。

設定設

FECのモードはインターフェースでerror-correction encodingにより設定が可能です。

デフォルトへの設定

Arista(config-if)#default error-correction encoding

RS-FECのadvertiseを設定

Arista(config-if)#error-correction encoding reed-solomon

RS-FECのadvertiseの停止を設定

Arista(config-if)#no error-correction encoding reed-solomon

この時設定はdefault error-correctionが適応されます。

FC-FECのadvertiseを設定

Arista(config-if)#error-correction encoding  fire-code

FC-FECのadvertiseの停止を設定

Arista(config-if)#no error-correction encoding  fire-code

この時設定はdefault error-correctionが適応されます。

None FECの設定(error-correctionのdisable)

Arista(config-if)#no error-correction encoding

留意事項

CLIによりメディアのタイプとは異なるFECのモードの設定が可能になりますがIEEE 802.1byで目標とされているビットエラー率に達しない状況になる事がありリンクで高いFCSエラーが発生する可能性があるので注意をして利用する必要があります。

同時に2つのFECをCLIで設定は行えません。あるFECのモードから他のFECのモードに設定を変更する場合はdefault error-correction encodingで1度デフォルトにしてからFECのモードを設定するのが推奨です。

no error-correction encoding reed-solomonとno error-correction encoding  fire-codeではFECがdisableになるわけではなくFECはデフォルトになります。FECをdisableにするのはno error-correction encodingです。

確認コマンド

  • show interfaces [<interface range>] error-correction : 設定と動作しているerror correction encodingを表示
  • show interfaces [<interface range>] capabilities : インターフェースで利用可能なFECのモードとspeedとデフォルトの設定を表示
  • show interfaces [<interface range>] phy detail : PHYのFECで訂正可能と訂正不可能なエラーカウンターの表示

出力例

show interfaces [<interface range>] error-correctionの出力例

Arista#show interface ethernet 10/31
Interface Configured Available Operational 
---------------- -------------------- -------------------- ----------- 
Ethernet10/31       Default                 Reed-Solomon            Reed-Solomon

show interfaces [<interface range>] capabilitiesの出力例

Arista#show interface ethernet 10/25
Ethernet10/25
 Model: 7500R2AK-48YCQ-LC
 Type: 25GBASE-CR
 Speed/Duplex: 10G/full,25G/full(default),auto
 Flowcontrol: rx-(off,on,desired),tx-(off)
 Error Correction: 
 Reed-Solomon: 25G
 Fire-code: 25G

show interfaces [<interface range>] phy detailの出力例

Arista#show interface ethernet 10/25 phy detail
Ethernet10/25
 Current State Changes Last Change
 PHY state linkUp 5 0:03:29 ago
 Interface state up 4 0:03:29 ago
 HW resets 0 never
 Transceiver 25GBASE-CR 2 0:09:05 ago
 Transceiver SN ADY1714000SG 
 Oper speed 25Gbps 
 Interrupt Count 5 
 Diags mode normalOperation
 Model BCM88675/BCM88375 (0x18c086,0x37,0x0)
 Loopback none
 Xcvr EEPROM read timeout 0 never
 Spurious xcvr detection 0 never
 DOM control/status fail 0 
 Presence indication xcvrPresent 3 0:09:05 ago
 Bad EEPROM checksums 0 never
 RX_LOS since system boot False 3 0:09:05 ago
 RX_LOS since insertion 3 
 TX_FAULT since system boot False 3 0:09:05 ago
 TX_FAULT since insertion 3 
 PMA/PMD RX signal detect ok 1 0:09:01 ago
 Forward Error Correction None
 PCS RX link status up 5 0:03:31 ago
 PCS high BER ok 0 never
 PCS err blocks 0 never
 PCS block lock ok 1 0:01:42 ago
 PCS BER 0 0 never
LN RXPPM CLK90 CLKP1 PF(M,L) VGA DCO DFE(1, 2, 3, 4, 5, 6) TXPPM TXEQ(n1, m ,p1,p2,p3) BIP
 0 0 46 2 1,2 21 -9 38, 1, 3, 7, 0, 2 0 8, 60, 0, 0, 0 0
Follow

Get every new post on this blog delivered to your Inbox.

Join other followers: