• 7280R、7500RシリーズのVLANインタフェース(SVI)カウンタについて

 
 
Print Friendly, PDF & Email

○はじめに

7280R、7500Rシリーズでは「EOS4.21.0F」からVLANインタフェース(SVI)単位に、

受信オクテット数と受信パケット数を確認するためのカウンター機能をサポートしました。

この記事では、新しく追加されたSVI単位のIngressカウンターの設定方法と表示方法を解説します。

 

○設定手順

1)VLANインタフェースカウンタ機能をイネーブル
Arista(config)#hardware counter feature vlan-interface in

 

2)VLANインタフェースカウンタ機能が動作しているかの確認
Arista#show hardware counter feature

Feature Direction Counter Resource (Engine) 
--------------- ---------------- -------------------------- 
ACL-IPv4 out Jericho: 2, 3 
ACL in Jericho: 4, 5, 6, 7 
VLAN in Jericho: 8, 9
VLAN interface in Jericho: 8, 9

 

3)TCAMプロファイルの作成

例として、”test”という名前のプロファイル名で作成します。

TCAMプロファイルの詳細については、以下のTOIをご確認ください。
https://eos.arista.com/user-defined-tcam-profiles-toi/

Arista(config)#hardware tcam
Arista(config-hw-tcam)# profile test copy default
Arista(config-hw-tcam-profile-test)# no feature qos ip
Arista(config-hw-tcam-profile-test)# no feature qos ipv6
Arista(config-hw-tcam-profile-test)# feature counter vlan-interface ingress
Arista(config-hw-tcam-profile-test)# exit
Arista(config-hw-tcam)# system profile test

 

4)TCAMプロファイルの確認
Arista#show hardware tcam profile
Configuration Status
---------------- -------------
XXXXXX <profileName> <profileName>

 

5)VLAN毎にカウントアップされているかの確認
・特定のVLANのみ確認する場合
Arista#show interfaces vlan <vlanID> counters

L3 Interface InOctets InPkts
Vl33           192      3
・全てのVLANを確認する場合
Arista# show interfaces counters

L3 Interface InOctets InPkts
Vl33           192      3
Vl66           324      6

 

6)VLANインタフェースカウンタのクリア方法
Arista# clear counters vlan <N>

 

○まとめ

7280R、7500Rシリーズをご利用のISP事業者やケーブル事業者様で、
他事業者との接続において、TagVLAN+Port-Channelなど利用されている場合、
物理インタフェースのカウンターでは、どのVLANにどれくらいのトラフィックが流れているということを
把握できなかったのですが、当カウンター機能を活用すれば、
VLAN単位で、オクテット数と受信パケット数を把握することが可能になります。

現在は、受信オクテット数と受信パケット数のみのカウントとなりますが
将来のEOSアップデートで、送信側の対応を予定しています。

 

Follow

Get every new post on this blog delivered to your Inbox.

Join other followers: