• Author : Shigetoshi Tani

 
 

AnsibleとRead-Onlyで始めるネットワーク自動化

はじめに ネットワーク自動化を始めるにあたり、ネットワーク機器へ直接変更や更新をかけるのではなく、Showコマンドや設定のバックアップなどから始めるのも良いかもしれません。Ansibleの自動化の例が多く公開されていますが、ここでは公開されている例から、Showコマンドだけを使うREAD-ONLYのネットワーク自動化の一部をご紹介します。 Showコマンドを使うREAD-ONLYな自動化の例として、一般的な設定のバックアップと、物理配線の状態を確認Continue reading →

AnsibleとRead-Onlyで始めるネットワーク自動化

はじめに ネットワーク自動化を始めるにあたり、ネットワーク機器へ直接変更や更新をかけるのではなく、Showコマンドや設定のバックアップなどから始めるのも良いかもしれません。Ansibleの自動化の例が多く公開されていますが、ここでは公開されている例から、Showコマンドだけを使うREAD-ONLYのネットワーク自動化の一部をご紹介します。 Showコマンドを使うREAD-ONLYな自動化の例として、一般的な設定のバックアップと、物理配線の状態を確認Continue reading →

Floating Static RouteとRecursive Lookup

はじめに OSPFやBGPなどダイナミックルーティングを利用することで冗長構成を設計することができますが、ファイアウオールや各種ネットワークアプライアンスではダイナミックルーティングの利用が制限されることがあります。こうした場合、Static routeを複数設定し、Admin Distanceを指定してプライマリ経路、セカンダリ経路と設定することができます。このようなStatic routeの利用をFloating Static Routeと呼びます。EOSでは、デフォルトでStatic RouteのNeContinue reading →

vEOS Router DPDKについて

Arista vEOS Routerでは、高速でソフトウェアルーティングの転送を可能とするDPDKをサポートしております。DPDKを利用することにより、各種ハイパーバイザーやパブリックプライド上のvEOSでL3転送、GRE/IPSecトンネル、ACL、QOSと行った機能を高速で処理することができます。 ここでは、DPDKを利用してソフトウェアで高速に処理するための構成を説明します。 DPDKとは DPDKとは、パケット処理をLinuxカーネルで行う従来の方法から、ユーザー領域から直接Continue reading →

Arista Any Cloud Platform – AWSでのvEOS Routerデプロイガイド

はじめに 本文書は、Arista vEOSルータをAmazon Web Service (AWS)へデプロイする方法を紹介します。このドキュメントのセクションは実行順序に基づいて構成されており、vEOSルータのデプロイにはこの順序に沿って行ってください。 概要 Aristaは、プライベートクラウドとパブリッククラウドの両方で、ワークロードを配置するための魅力的なオプションとなる大幅な効率性を提供します。プライベートクラウドでは、業界標準のプロトコルを利用し、シContinue reading →
Follow

Get every new post on this blog delivered to your Inbox.

Join other followers: