• Category : EOS Tips

 
 

BGPベストパス選択のshowコマンドでの確認

BGPベストパスの選択はRFC4271で定義されてはいますが、Weightなどのベンダー独自のアトリビュートも存在し、分かりづらい所もあると思います。 Arista EOSでのベストパス選択はこちらでまとまっています。 EOS 4.17.0F以降ではベストパス選択の際の不採用理由が明示されるようになりました。 本機能の説明を下記トポロジーを使って、説明をしたいと思います。 vEOS4とvEOS2はAS64500にあります。 vEOS4がvEOS3のAS64503およびvEOS1のAS64501とeBGPピアリングをしContinue reading →

BGP Replace AS-Path

導入 BGP Replace AS-PathはEOS 4.17.2Fから導入された新機能です。 AS番号変更や企業買収や統合によるAS番号統合の際に使われるReplace ASですが、EOSでは更に少し強力になっています。 上記の様なvEOS1 : AS65000,vEOS2 AS64512,vEOS3 AS64513,vEOS4 AS64514で接続されたネットワークで本機能を確認してみます。 それぞのvEOS2は10.255.255.2,vEOS3は10.255.255.3,vEOS4は10.255.255.4をアナウンスしています。 その際のvEOS1のBGPテーブルは下記の様になります。 設定概要 Replace AS-PathはrouteContinue reading →
Follow

Get every new post on this blog delivered to your Inbox.

Join other followers: