• Category : IPストレージとビッグデータ

 
 

IPストレージ時代に必要とされるネットワークスイッチの要件(概要)

本記事では、NASなどのIPストレージやビッグデータ基盤、そしてハイパーコンバージドインフラを支えるネットワークスイッチの技術的要件の概要を扱います。 現在、上述のシステムで原因不明なパフォーマンス劣化にお悩みであれば、原因の一つに中継するネットワークスイッチが考えられるかもしれません。そういった方々へのヒントとなる情報となっていますので、ぜひご覧ください。   はじめに 昨今、FC SANなどに代表される旧来のスContinue reading →

EOS Network Telemetryの概要〜LANZの動作モード

粒度の細かいスイッチの状態監視や適切なトラフィックエンジニアリング実現のためにテレメトリデータの活用が注目されています。 ARISTA EOSは、スイッチ単体、ネットワークワイドでテレメトリデータを収集するためにさまざまな機能を提供してきました。今回は、多くのお客さまから好評いただいているLatency ANalyZer(LANZ)の動作モードを7280R/7500Rシリーズを例に紹介します。 LANZの概要 LANZは、ネットワークで生じる遅延をスイッチのQueueに着目Continue reading →

watchコマンドと出力フィルター

ネットワークの運用をしていると、ルータやスイッチのポートのカウンターの変化を確認するために、show interfaces コマンドをなんども連打することはないでしょうか。 AristaのEOSは、標準Linuxをベースとしており、Linuxのツールをフル活用することができます。Linux上でみなさんがよく使う watch コマンドを、EOSのCLI上で使うこともできるのです。 SW# watch show interfaces [interface_name] さらに、diff オプションを使うと、出力のうち、変化があったところContinue reading →
Follow

Get every new post on this blog delivered to your Inbox.

Join other followers: