• 無線アクセスポイントのグルーピング機能について

 
 
Print Friendly, PDF & Email

はじめに

アリスタの無線アクセスポイントは階層構造で管理する仕組みになっています。例えば、図1-1では、トップ階層に、A会社があり、その配下に、関東エリア、関西エリアがあり、さらに関東エリアの配下に、本社や、大手町オフィスが存在しています。また、それぞれの拠点には、フロアを追加することも可能であり、フロア図面をインポートすることで、ヒートマップや、無線端末のロケーションの可視化なども利用できます。

一般的には、それぞれの拠点、もしくは、上位階層からの継承により、無線アクセスポイントの設定情報を管理します。場合によっては、同じ拠点内であっても、一部の無線アクセスポイントにのみ、特別なSSIDを使用するなど、異なるポリシーで無線アクセスポイントを利用するケースがあります。そういった場合、無線アクセスポイントにグループを割り当てることで、拠点に適用されているポリシーを上書き可能です。

本ブログでは、無線アクセスポイントにグループを適用する方法について紹介します。

グループの作成

まず最初に、以下の手順にてグループを作成します。

1. 左タブ “システム” -> “ナビゲータ” を選択します。

 

 

 

 

2. グループを作成する拠点の右にある” ▫︎ ” をクリックし、”グループを追加” を選択します。以下の例では、本社にグループを追加しています。

3. ポップアップ画面内に、グループ名を入力し、”追加” をクリックします。以下の例では、”本社-GRP1″ というグループを作成しています。

以上で、グループの作成は完了です。

作成したグループの確認

以下の手順にて、実際にグループが作成されているかどうか確認できます。

1. 左タブ “システム” -> “ナビゲータ” を選択します。

2. メイン画面内の上タブ “グループ” をクリックします。

3. グループの画面にて、作成したグループを確認することができます。

この後、作成したグループにSSIDなどの設定を行います。SSIDなどの設定については、ロケーションの設定と同様であるため、本ブログでは割愛します。ただし、作成したグループを設定するため、作成したグループに移動する必要がありますので、移動方法について記載します。

作成したグループへの移動

以下の手順にて、作成したグループに移動します。

1. 左タブ “構成” -> “WiFi” を選択します。

2. メイン画面上部にあるロケーションのマークをクリックします。

3. ナビゲータが表示され、ナビゲータの下部に “グループ数” が表示されますので、”グループ数”をクリックします。

4. グループの設定画面が表示されますので、作成したグループを指定して、グループの設定を行います。設定が完了し、グループの設定から各フォルダーの設定へ戻る場合は、メイン画面内の”フォルダー/フロアに戻る”をクリックしてください。

※ メッシュの設定は、グループでのみ設定可能です。

グループへの設定が完了すれば、最後に、作成したグループを無線アクセスポイントに割り当てます。

無線アクセスポイントへのグループの割り当て

以下の手順にて、無線アクセスポイントにグループを割り当てます。

1. 左タブ “モニター” -> “WiFi” を選択します。

2. メイン画面内の上タブ “アクセスポイント” を選択します。

3. グループを割り当てる無線アクセスポイントの ” ▫︎ ” をクリックし、”グループに割り当て/再割り当て” を選択します。

4. 割り当てるグループを選択し、”割り当て” をクリックします。

5. 確認のためのポップアップが表示されますので、再度 “割り当て” をクリックします。

以上で、無線アクセスポイントへのグループの割り当ては完了です。

まとめ

本グループ機能を利用することで、同一拠点内の無線アクセスポイントに対して、個別ポリシーを適用することも可能となります。また、ワイヤレスメッシュであったり、CIP(Cloud Integration Point) であったり、特定の無線アクセスポイントに対するロールの割り当てなども、柔軟に対応できるようになります。

Follow

Get every new post on this blog delivered to your Inbox.

Join other followers: