• Blog

 
 

EOS Network Telemetryの概要〜CloudVisionとチャットツールの連携

粒度の細かいスイッチの状態監視や適切なトラフィックエンジニアリング実現のためにテレメトリデータの活用が注目されてきました。2018年は、テレメトリデータの活用を視野にした評価が本格化してきた印象です。2019年には、Network Telemetryを活用した監視の導入がすすむことが期待されます。Network Telemetryの活用とともに日々のコミュニケーションツールとしてチャットツールの活用も定着してきました。今後、ネットワーク監視にもチャットContinue reading →

400Gイーサネットについて②

Contentsはじめに50Gb PAM-4と100G PAM-4100G-DRと100G-FR QSFPトランシーバー400Gのトランシバーと100G QSFPトランシバーのブレークアウトケーブルによる接続まとめ はじめに 400Gイーサネットでは、シグナルの変調方式でPAM-4が採用されています。PAM-4の変調方法は、25Gイーサネットまで採用されていた従来のNRZの変調方式とは異なり、PAM-4とNRZでは、互換性がありません。このため400Gイーサネットでブレークアウトケーブルを使用して複数の100Gに接続をする構Continue reading →

400Gイーサネットについて①

ContentsはじめにOSFPQSFP-DDOSFPとQSFP-DDの比較NRZとPAM-4まとめ はじめに AI(人工知能)、マシーンラーニング、サーバーレスコンピューティングなどの次世代アプリケーションが要求する高密度の100Gに対応するためにネットワークの400Gへの移行の必要性が出て来ました。この記事では、400Gで採用されているOSFP/QSFP-DDフォームファクターとPAM-4変調方式についてこれまでのNRZ変調方式と比較することにより解説をいたします。 OSFP OSFPは、“Octal Small Form-factoContinue reading →

放送・映像システムへのIP技術の適用 (2)

放送・映像システム、特にプロダクションシステムへのIP技術の適用検討が本格化してきました。IP技術の適用は、放送・映像システムに大きな変化をもたらします。その変化は、さまざまな視点で語られていますが、そのひとつが、ワークフローの変化です。従来のシステムは、同軸ケーブルの配線そのものがワークフローとなっていました。映像機器にIPアドレスを割り当てることにより、物理的な条件に限定されることなくシステムの構成がContinue reading →

放送・映像システムへのIP技術の適用

放送・映像システム、特にプロダクションシステムへのIP技術の適用が本格化してきました。世界最大級の放送機器展であるNABでも、各社がIPを適用したソリューションを展示していました。NAB IP Showcaseでも、IP化の課題に対する解決策が動態展示され、IP技術の適用が着実に進んでいることを実感しました。さて、今回から数回に分けて、プロダクションシステムのIP化のキーとなるマルチキャストネットワーク、アリスタネットワークス製品をContinue reading →

25GインターフェースでのFECのモードの設定

IEEE 802.1by 25Gイーサネットではエラーを訂正しデータの整合性を確保するためにForward Error Correction(FEC)が規定されています。エラーの検知と回復度合いにより3つのFECがあり同じFECが両端のスイッチまたは機器でサポートされてなければいけません。10Gイーサネットとは異なり25G NICなどと相互接続をする際にFECの設定を調整する必要が出てきます。この記事ではアリスタスイッチでの25GインターフェースでのFECの設定と留意事項を説明します。 ContenContinue reading →

7500R, 7280R, 7500R2, 7280R2シリーズでの25/50 Gigabit Ethernetのサポートについて

7500R, 7280R, 7500R2, 7280R2シリーズ(EOS-4.18.1)では25G/50Gをサポートしています。この25G/50Gサポートには25G/50Gの明示的な設定とIEEE802.3 Clause73 auto-negotation (AN)が含まれます。さらに25Gインターフェースは25G Consortium ANモードとIEEE802.3by ANモードの両方をサポートしています。 この記事ではEOSでの25G/50Gの設定方法と25G Consortium ANモードとIEEE802.3by ANモードの切り替え方法を中心に紹介をいたします。 Contentsサポートプラットフォーム設定25G/50Gの明示的設定25G/50Continue reading →

10Gのメディアのタイプと遅延について

データセンターでスイッチとサーバ, スイッチとスイッチを接続する際に考慮する点として距離や遅延等がありますが, この記事ではメディアのタイプと遅延について考察します。 10Gのメディアのタイプと特徴 10Gのメディアのタイプは, SFP+, AOC, Passive Twinax, 10GBASE-Tがあります。それぞれの特徴を次の表にまとめます。 最長距離 安定性 最大消費電力 遅延 SFP+* 10km シグナルの増幅により安定 1.5W 低い AOC 30m シグナルの増幅により安定 1.0W 低い Passive Continue reading →

EOSのソフトウェア不具合(Bug)調査

Contentsはじめに従来の方法(Software Bug Portal/リリースノート)CVX(Cloud Vision Exchange)のBug Alert機能概要CVXのBug Alertデモおよびコマンド説明AlertBaseの適用BugAlertの実行まとめ参考URL はじめに Arista EOSはモジュラー型システムであり、またそれぞれのエージェントはSysDBを中心としたPub-Subモデルであり、それぞれのモジュールは独立して動作可能なため、ソフトウェア不具合が入り込みににくく、また1日あたり50,000項目にもあたるテストを毎日実施しているContinue reading →

Arista EOSにおけるPTPでのSMPTEおよびAESプロファイルのサポート

SMPTE ST 2059-2:2015およびAES67-2013は、IPネットワーク上で音声や映像のストリームを転送する際の、PTPを用いた時刻同期のためのプロファイルを定義しています。それぞれのプロファイルは、これまで実装されていたIEEE-1588規格をベースとして、メディアのストリームを受信するエンドポイントで求められる、より高速な時刻同期のためのメッセージングのレートを規定しています。 この記事では、アリスタネットワークスのPTPサポート製品においてContinue reading →

Arista Any Cloud Platform – AWSでのvEOS Routerデプロイガイド

Contentsはじめに概要トポロジデプロイの手順AWS ログインVPCと関連コンポーネントVPC内のサブネット作成ルーティングテーブルの作成と更新VPC用インターネットゲートウェイの作成VPC Peeringの作成Security Groupsの更新EC2インスタンスと関連コンポーネントvEOS Router AMI イメージの入手キーペアの作成全EC2インスタンスのネットワークインタフェースの作成vEOSルータインスタンスのインスタンス化Linuxインスタンスのインスタンス化vEOSルータ用Elastic IPのContinue reading →

CloudvisionのCVP Rest API

アリスタはあらゆる場面で適切なプログラマビリティをご提供しますが、本記事では、先だってご紹介したeAPI、EOS SDK(前編&後編)に続き、CloudVisionのAPIの一つである CVP Rest API を活用したプログラマビリティをご紹介します。 CloudVisionについて馴染みの無い方は、まずはこちらをご参照ください。 ContentsはじめにCVP Rest APIを抽象化したパッケージ cvprac の準備cvpracを使った CVP Rest APIコールの例CVP Rest APIと外部システムの連携例まとめ参考URL はContinue reading →

EOSへの直接アクセスを可能とするSDK – EOS SDK (後編)

本記事では、アリスタが提供するEOSアプリケーション開発の為のSDKである、EOS SDKを扱います。前編の概要に続き、この後編ではより具体的な実践例を扱います。   ContentsEOS SDKが必要となる場面EOS SDKの実践的なユースケースルーティングテーブルの変化に即応するアプリケーション例VrrpTrackの動作確認フローで見るeAPIとEOS SDKまとめAppendix: VrrpTrackの配備 EOS SDKが必要となる場面 ネットワーク機器の初期構築、運用中に定期的に実行するコマンContinue reading →

EOSへの直接アクセスを可能とするSDK – EOS SDK (前編)

本記事では、アリスタが提供するEOSアプリケーション開発の為のSDKである、EOS SDKをご紹介します。この前編にて概要を説明し、続く後編では実践例を扱います。   ContentsはじめにEOS SDKの概要eAPIとの対比EOS SDKを使用する為の準備EOS SDKを用いたアプリケーションHello World アプリケーションの配備と実行まとめ はじめに 以前の記事で eAPIを活用したプログラマビリティをご紹介しました。eAPIはJSONRPC over HTTPを用いてリモート(あるいはローカル)かContinue reading →

EOS Network Telemetryの概要〜gNMI対応

粒度の細かいスイッチの状態監視や適切なトラフィックエンジニアリング実現のためにテレメトリデータの活用が注目されています。 ARISTA EOSは、スイッチ単体、ネットワークワイドでテレメトリデータを収集するためにさまざまな機能を提供してきました。今回は、EOSのgNMI対応について紹介します。 ContentsgNMIEOSのgNMI対応EOS gNMIの動作確認EOSの設定gNMIの出力例 gNMI gNMIは、管理用インターフェースを提供します。gRPCのフレームワークをベースにContinue reading →

EOS Network Telemetryの概要〜データの可視化

粒度の細かいスイッチの状態監視や適切なトラフィックエンジニアリング実現のためにテレメトリデータの活用が注目されています。 ARISTA EOSは、スイッチ単体、ネットワークワイドでテレメトリデータを収集するためにさまざまな機能を提供してきました。今回は、EOSのNetwork Telemetryを活用して、コマンドライン出力の可視性を高める取り組みを紹介します。 Contentsコマンドラインとテレメトリコマンドライン、テレメトリの出力コマンドライContinue reading →

25GイーサネットのForward Error Correction(FEC)について

ContentsはじめにForward Error Correction(FEC)25GでのケーブルとFECスイッチでのFECの確認まとめ はじめに 25Gイーサネットは1つのレーンで10Gイーサネットの2.5倍の帯域を同じSFP+フォームファクターでサポートできることに加えIEEE 802.1byで25Gイーサネットが標準化されたことから25Gイーサネットスイッチの採用が広がり始めています。 この記事ではIEEE 802.1byで規定されている25GイーサネットのForward Error Correction(FEC)について説明をいたします。 Forward Error CorrContinue reading →

EOSが提供するAPI – eAPI

本記事では、アリスタのEOSが備えるRestfull APIであるeAPIをご紹介します。 既に多くのアリスタユーザーの方にご利用頂いている機能ではありますが、ある程度のスクリプティングを要しますので、馴染みがない方にはとっつきにくいかもしれません。 そこで、本記事では、普段あまりプログラミングされる機会が少ない方にも読み進めて頂けるような詳解を交えております。なお、本記事のコーディングにはPythonを用います。   ContentsはじめにeAPContinue reading →

vEOSルータのアーキテクチャ

Contents1. vEOSルータのアーキテクチャについて2. ハイパーバイザ上でのvEOSルータ3. バーチャルマシンのネットワークアダプタの種類3-1. virtio/vmxnet33-2. PCI Passthrough3-3. SR-IOV4. パブリッククラウド上での、vEOSルータの利用4-1. vEOS router on AWS4-2. vEOS router on Azure5. vEOS router と EOS6. vEOS router と vEOS lab7. 最後に 1. vEOSルータのアーキテクチャについて vEOS ルーターの利点の1つは、通常のEOSと同じコードを実行できることで、 ハードウェアスイッチではなく仮想Continue reading →

クラウドネットワークに適したCLOSアーキテクチャとは

クラウド化に伴い、データセンターを取り巻く状況が変化しています。この記事ではこれからのデータセンターで求められるアーキテクチャデザインについて記載します。   Contentsトラディッショナルトラフィック・パターンの変化CLOSアーキテクチャデータセンタープロトコル / レイヤー2(L2)データセンタープロトコル / レイヤー3(L3)まとめ トラディッショナル 一昔前は、Web用、メール用、音声用などサービス用途に分かれたデータセContinue reading →
Follow

Get every new post on this blog delivered to your Inbox.

Join other followers: